岩津助産院

〒570-0086 大阪府守口市竹町8-18 TEL/06-6992-0264 FAX/06-6992-8639
月・火・水・金・土(9:00〜11:30)/木・日・祝日休診

TOPPAGEへ岩津助産院について出産について助産院での活動いわつはなれ

< 一覧に戻る

みんなのお産体験談

〜四人四様のお産〜

虎慈くんママ
平成28年10月6日生まれ

 ズボラな長女は岩津助産院。予定日を11日遅れ、微弱陣痛で歩いて自力で陣痛促し、14時間を超えてのお産。しっかり者の次女も岩津助産院。予定日を4日遅れ、いい陣痛に乗って4時間ほどの超安産。癒し系長男は、予定日を9日遅れて、前期破水。陣痛が来ず、病院で促進剤を点滴してもらい2時間弱の医療的お産。

 このように3人3様のお産でも、唯一共通していたのは''予定日を超えてのお産''だったので、予定日よりも5日も早い夜から始まった痛みも前駆陣痛かな、くらい軽く考えていました。

 しかし、翌日まで規則的に続く生理痛の様な痛み・・・本当の陣痛か(4人目のくせに)自信なく測ってみると、10分間隔になっていたので、朝9時に助産院へ電話で相談してみました。「一度診てみよう」ということになり、パパと向かいました。「本当に弱い痛みで・・・こんなんじゃ産めませんよね・・・毎回予定日超えますし・・・」と私がぶつぶつ言っている間に内診してもらうと、子宮口は4〜5cm開いているとのことでした。

 「4人目やし、陣痛来たら早いやろな」との事だったので、立ち合い出産を希望していたお姉ちゃん2人をパパに頼んで小学校から早退させました。興奮気味でやってきた長女が「今日産まれへんかったら明日学校へ行かれへんわ!!」とプレッシャーをかけてきました。

 とりあえず家族で安静室に入って、赤ちゃんの名前を考えたり、バランスボールに乗って揺れながら陣痛を待ちました。  11時を過ぎたあたりから、だんだんと強い痛みが5分おきくらいにやってきて、でも頭の中では「こんなもんじゃなかったはず・・・」と思っていたのですが、赤ちゃんが下りてきたような感覚と共に、何か流れてきたような感じだったので、分娩台に上がって診てもらうことにしました。

 すると破水ではなかったものの、NSTをつけたら「いい陣痛が来てるやん」と言ってもらえました。これでやっと出産するんだー本物の陣痛だったんだと実感できたような気がします。
 それでもまだ喋れる余裕があるし、次来た陣痛はやはり弱い・・・

 「ちょっと歩かなあかんな」と言われ「めんどくさーい、嫌やなぁ」と口にしたとたん、次の陣痛はきつく、しかも赤ちゃんが回転して進んでくる感じも!破水もするし、あれよあれよという間に痛みMAXに。
 さすがにこの時点では「イテテテ・・・イタタタ・・・」と子どもたちの前でも大声を上げていました。
 「頭が見えてきたよ」の声に、娘たちも「すごーい!」と興奮した様子。それを薄眼で見ながら、頭が出る瞬間の熱い痛みを感じた途端、「キャー可愛い〜」と次女の声。足元を見ると、赤ちゃんが出て来ていました。

 生まれたての赤ちゃんってヌルヌルしていてしわくちゃで、あなたたちが想像している可愛い赤ちゃんではないかもよ?と思っていたので、お姉ちゃん2人ともが「いや〜ん、可愛い〜」と笑顔でいてくれて、正直母ちゃんホッとしたのを覚えています。でも、すぐに「手、むらさき色〜」「しわしわおじいちゃん」とか好き勝手言って、本当に賑やかなお産でした。

 へその緒はベテランのパパに切ってもらって、無事お産終了となりました。
 終わってみると、4人4様のお産でした。こうした自分らしいお産は助産院だからこそ作れるものだと思います。毎日の食事もおいしく栄養たっぷりで、清潔なお部屋や、ベビー&ママへのケアも最高の入院生活に感謝です。ここでしっかり充電して、これからの4人の子育てを頑張っていこうと思います。

space