岩津助産院

〒570-0086 大阪府守口市竹町8-18 TEL/06-6992-0264 FAX/06-6992-8639
月・火・水・金・土(9:00〜11:30)/木・日・祝日休診

TOPPAGEへ岩津助産院について出産について助産院での活動いわつはなれ

< 一覧に戻る

みんなのお産体験談

〜大切な家族に支えられながらの素晴らしい出産♪〜

桜来ちゃんママ
平成29年3月18日生まれ

 2016年夏、検査薬で陽性反応!!ずっと2人目を欲しがっていた旦那さんに連絡して二人で喜びました。

 でも、その日からつわりがスタート。1人目の時とは比べ物にならないくらいひどく、体重は5kgほど減り、点滴で栄養を補う生活でした。安定期は文字通り安定した生活でしたが、後期に入ると切迫早産で入院することになりました。今回のマタニティライフは楽しい事ばかりではなく、苦しい日々もありました。

 2週間ほどの入院生活が終わり、臨月に入る前に退院。いよいよ出産予定日!!日付がかわり18日の夜中はソワソワしてなかなか寝付けず、そのまま朝になってしまいました。

 AM6時半、いつもと違うお腹の張りと、少し生理痛の様な痛みが…。トイレに行ってみてもおしるしもなく、安佐からすごく快便!!(笑)

 痛みの間隔は10分以内だけどバラバラで不規則だったので、前駆陣痛かな?と思い、少しだけ寝ようと横になる。でも寝られずにそのまま1時間。AM7時半、痛みも強くなってきて間隔は5〜6分おき。痛みが来たら「フーフーフー」と呼吸しないと辛いくらいに。助産院にTELすると、「朝ごはん食べてからおいで〜」と言われ、食パンを買って行く(笑)。

 AM8時半ごろ。助産院に到着。陣痛の間は笑って会話できるくらい余裕あり。内診してもらうと「赤ちゃんまだ下がってきてないから、夕方くらいになるかもね〜。まあ今日中には生まれるわ〜」と言われ、まだまだ余裕!頑張れる!と自分の中で気合を入れなおす(笑)。

 安静室に行き、ベッドに横になりしばらくすると、痛みがどっと強くなり、間隔も短くなってくる。

 AM9時半、立ち合い予定の母と姉(1人目妊娠中)が到着。もうこの時は会話する余裕はなく、痛みの度に旦那さんの手を握りつぶす(笑)。旦那さんは一人目の時よりサポートが上手になっていて、腰のさすり方もいう事なし!私が体に力を入れすぎると、さすって力を抜かせてくれたり、本当に完璧でした!ありがとう!!

 その後。数回陣痛を耐えた後、何故か私の心が折れ始める(笑)。
「もう嫌。」「もう無理。」「3人目は絶対にない。」「ほんまにもう無理!」(←しつこい。笑)

 AM10時、「もうすぐ生まれるわ!」とベッドから床に移動。私は「え!?夕方って言ったやん!まだえっ対産まれへん!ここにいる!」と移動拒否。何とか床にゴロンとできて、まだ産まれへんやろうと思っていたけど、間隔はもう1〜2分。ここから1時間はかかると思っていたから再び心が折れる。。。

 でも、結構進んでいたらしく、助産師さん3人がかりでバタバタと準備。ビデオが回っているのに「おしっこでそう!うんちでそう!おしっこ!あれ!?これ赤ちゃん?もうわからへん!出そうー!泣」って恥ずかしいことばかり叫んでた…。

 「次の陣痛が来たら破水させるね〜」と破水させてもらうとすぐにいきみたい感覚が?我慢できずに何回かいきんでしまったけど、長男(2歳)が私の手を握って「ママがんばれー!ママがんばれー!」と応援してくれて、すごく冷静になれました。おかげで深呼吸もできて。折れていた心が復活!!ずっと横で「大丈夫。大丈夫。」と声を掛けてくれていた旦那さんのサポートも力になり、息見逃しも上手に出来るようになって、ついに10時26分陣痛開始から3時間半のスピード安産で長女が誕生しました。

 旦那さんや長男の励ましが、本当に力になって、家族みんなで頑張れた最高のお産になりました。

 ビデオを回してくれていた母や姉にも“上手なお産”と誉めてもらえて、嬉しかったです。妊娠中の姉は、私の痛がる姿を見て、「出産が怖くなった。笑」と言っていましたが…笑

 一人目のお産と比べるとすごく楽なお産でした。産後も後陣痛は少し辛かったけど、すたすた歩けるし、快適でした。

 今回の妊娠は切迫早産になってしまったので、岩津助産院で出産できるか心配していましたが、無事に埋めたので良かったです。産みたいところで、産みたいスタイルで、大切な家族に支えられながら出産できるところがどれだけ大変で素晴らしい事なのか、改めて思いうことができて幸せです。そんなお産にさせてくれた岩津助産院のスタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。次があればまた、岩津さんにお世話になりたいので、その時は宜しくお願いします。

 これから4人での生活がんばります♪

space